MENU

阪神芝1600mのデータ分析をプログラミング(スクレイピング)でやってみたお話

2020 4/26
阪神芝1600mのデータ分析をプログラミング(スクレイピング)でやってみたお話

こんにちは。ちゆりです。
普段はプログラミングやデータ分析を仕事としています。

過去の記事で「プログラミング駆使したら案外簡単に荒稼ぎできるんじゃね?」と思い、始めたプログラミング競馬分析でしたが、なかなかうまくは行かないね(そんなにいい結果にたどり着かない)。

データ分析を行う規模が大き過ぎました。

そんな今回は対象を特化させてデータ分析を行いました。
そう。「阪神 芝 1600m」のみをデータ分析対象とします。

馬にも芝特性、ダート特性、距離特性、そして会場特性がありますので阪神芝1600mに向いている馬をデータ分析から探っていきたいと思います。

目次

競馬予想とプログラミング

プログラミングはデータ収集の際に活用します。
過去のレースの結果をスクレイピングで収集し,統計(確率)の高いものを算出していきます。

今回のデータ分析条件は以下としています。

  1. 2019年1月から2020年4月までの期間でデータを収集
  2. 阪神競馬場で行われたレースの結果を収集
  3. コース、距離は「芝」「1600m」を対象とする
  4. 1-3位に入る馬の「枠」「人気」の傾向を分析

競馬データをスクレイピング

今回もお世話になります。https://www.netkeiba.com/?rf=logoさん
こちらから、データを引っ張ってくる。

netkeiba.com

「スクレイピングでデータ分析を始めたい」って方にはこちらの本をおすすめしている。
これ1冊で競馬データを好きなように収集することが可能になる。

python使ってWebスクレイピングするならこの一冊だけで十分理解できます。本は3000円程度だが,これで勉強して競馬を当てれば収支プラスでっせ。兄さん。

競馬データ分析結果

みなさん。お待ちかねの結果ですよ。
目次から一気にここまで何も読まずに飛んできたでしょ?僕の記事もたまにはちゃんと読んでよ。

2019年1月から2020年4月の間で、阪神競馬場で行われた芝1600mのレースに絞った
1-3位に入った馬の人気の結果をまとめたものが以下になります。

阪神芝1600m 枠における複勝率
阪神芝1600m 人気における複勝率

ちゆりの分析

  • 枠における複勝率は8枠が最も高く、次に5枠、6枠となりました。
    この結果から中枠〜外枠が有利と言えますね。
  • 人気はやはり1番が最も高く、次に2番、3番となりました。
    これは、みなさん予想通りですよね。

この結果を参考にすると、1番人気、2番人気8枠、5枠、6枠のときは
馬券候補として入れるのはいい選択かもしれません。

2020年4月の桜花賞の結果

今回のデータ分析通りの結果となったのが、つい最近の桜花賞の結果でしょう。
2020年の桜花賞の結果は以下となっています。

1位 デアリングタクト
2位 レシステンシア
3位 スマイルカナ

なんと、1位のデアリングタクトは2番人気5枠
2位のレシステンシアは1番人気8枠でした。

のアイコン画像

僕はこちらの2馬を迷わず馬連馬券として購入。そして見事
1100%の回収率を達成です。(プログラミングで救われました)

必ずこのデータ分析結果が当たると考えるのはダメですよ!!
しかし、当たる確率はグンと上がるでしょう。

2020年4月アーリントンカップの予想

データ分析をもとに2020年4月のアーリントンカップも当てに行きましょう。
なんとアーリントンカップは「阪神芝1600m」なのです。
今回のデータ分析の結果を参考に予想してみましょう。

僕は1番人気、2番人気8枠、5枠、6枠に入ったら迷わず馬券候補としてその馬を軸にします。
データ分析通りに当たるといいですね。

アーリントンカップ結果(追記)

さてこの記事を書いて、すぐの阪神芝1600mの結果です。

2020年のアーリントンカップの結果は以下となっています。

1位 タイセイビジョン
2位 ギルデッドミラー
3位 プリンスリターン

1位のタイセイビジョンは1番人気でなんと5枠

今回のデータ分析を参考にしていれば、十分狙える予想でしたね。

 

「阪神芝1600m」のときは今回の結果を参考にしてみて下さい。

ばいちゃ


ここでいきなりですが、ちゆりの

今週の買って良かった!!おすすめアイテム

夏になるから軽装で出かけれるようにとトートバックを探していたところ、
可愛くてシンプルおしゃれなトートバックを見つけちゃいました。
女子ウケも男子ウケも素晴らしいぞこれ絶対。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる