【Raspbian】apt-get upgradeがエラーになるときの対処法

2020 2/11
【Raspbian】apt-get upgradeがエラーになるときの対処法

Raspberry Pi(Raspbian)へ,パッケージの導入のために

sudo apt-get install "パッケージ名"

コマンドを実行したのだが,以下の文言とともにエラーとなった。

apt-get upgrade を実行するか --fix-missing オプションを付けて試してみてください。

apt-get upgrade--fix-missing オプションも試してみたのだが,うまくパッケージが導入されない(upgradeされない)という現象に陥ってしまった。
解決方法はいかに..??

目次

apt-get upgrade失敗

apt-get upgradeを行ったのだが,以下のエラーとなった。

sudo apt-get upgrade

Hit:1 http://archive.raspberrypi.org/debian buster InRelease
Get:2 http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian buster InRelease [15.0 kB]
Reading package lists... Done
E: Repository 'http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian buster InRelease' changed its 'Suite' value from 'testing' to 'stable'
N: This must be accepted explicitly before updates for this repository can be applied. See apt-secure(8) manpage for details.

僕が試したことは,以下のコマンドを実行した。
同様のエラーでお悩みの方はぜひ,参考に

sudo apt update -y

そして,続けて

sudo apt full-upgrade -y

apt full-upgradeを実行すると,不要となったパッケージを削除,または,インストール済みのパッケージを削除した上で,アップデートを行ってくれる。
apt upgrade保留となるパッケージもアップデートされます。

全パッケージを精査して,削除やインストールを行うので,結構時間がかかります。気長に待ちましょう。

apt系コマンドいろいろ

よく混乱する2つのコマンドについて軽く触れておく。

apt-get updateとapt-get upgradeの違い

apt-get updateと実は,apt-get upgradeというものがある。文言的に似ているために見落としがちで,upgradeを求められているのに「はいはい。updateね。やりますよ。」と勘違いし,問題が解決しない場合がある。

ちなみに両者の違いはざっとこんな感じになる。

apt-get update

自分のローカルのデータベースを参照し,自分のパッケージ情報の取得を行う。インストール可能なパッケージの「一覧」を更新する。

apt-get update

apt-get update で取得した自分のパッケージ情報を元に,インターネットへパッケージの更新があるのか確認し,あれば更新を行う。

ということなので,apt-get updateで自分の持っているパッケージ情報を取得しておかないと,apt-get upgradeの際に既に導入済みのパッケージを探しに行ったり,更新できなかったり...。

apt-get upgradeapt-get updateと組み合わせて利用しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次