MENU

Djangoの管理画面のパスワードを忘れたを解決。ただそれだけ。

2020 6/20
Djangoの管理画面のパスワードを忘れたを解決。ただそれだけ。

Djangoの管理画面へログインする際にはパスワードを設定するのですが,

今回は「パスワードを忘れちゃった」っていうのを解決します。

アプリまるごと消す必要はないんです。再設定できますから。

目次

Djangoのパスワード・ユーザー名を忘れた

Djangoのユーザー情報は自動で生成されるdb.sqlite3に書き込まれています。これはデフォルトの場合です。

使用するデータベースをMySQLやPostgreSQLに変えている場合はそれぞれのデータベースに格納されています。

データベース・テーブルの構成はどのDBを使っていても変わらないのでSQLiteと同様に再設定を行ってください。

ユーザー名を確認・取得

まずは,ユーザー名を確認します。ユーザー名はdb.sqlite3に格納されていますのでDBの情報からユーザー名を確認します。

$ sqlite3 db.sqlite3
sqlite> select username from auth_user; //ユーザー名が出力されます
sqlite> .q  //一旦SQLiteから抜けます

パスワードの再設定

ユーザー名を取得したらこのユーザーに対してパスワードの変更を行います。

$ python3 manage.py changepassword <ユーザー名>

これで,ユーザー名の確認・取得パスワードの再設定完了です。
いつも通りログイン画面でログインできるかと思います。

意外にこれはタメになる。うんうん。

Djangoについて学びたい方へ

書籍で学びたいなら

DjangoのWebアプリの設計・作成はもちろん、Webサーバー・アプリ周りの知識も幅広く扱ってくれています。データベースの知識、クラウドの知識、セキュリティの知識も同時に習得でき、初心者にはぜひおすすめの書籍

Djangoについて深く知りたいという方におすすめしています。
ややプログラミングの知識がないと理解が難しいかもしれません。
pythonが書ける方には非常にタメになるDjangoアプリ開発におすすめ書籍でした。

オンライン授業で学びたいなら

僕はオンラインスクールはUdemy をおすすめします。定番の授業からマニアックな授業まで幅広く扱っているので、学びたいことは大体あります。

今回はPython+Djangoの授業をおすすめします。Djangoの基礎から応用までこの授業で学べます。
実際にWEBアプリを作成し、公開するところまで親切に教えてくれます。

読んでおくべきおすすめ記事


ここでいきなりですが、ちゆりの

今週の買って良かった!!おすすめアイテム

夏になるから軽装で出かけれるようにとトートバックを探していたところ、
可愛くてシンプルおしゃれなトートバックを見つけちゃいました。
女子ウケも男子ウケも素晴らしいぞこれ絶対。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる