MENU

Djangoの管理画面を日本語化する。ただそれだけ。

2020 2/11
Djangoの管理画面を日本語化する。ただそれだけ。

今回はDjangoの管理画面を日本語化します。そうです。ただそれだけの記事

目次

Djangoの管理画面を日本語化する

Djangoのサーバーを起動し,

$ python manage.py runserver

http://127.0.0.1:8000/admin へアクセスし,ログインパスワードを入力するとDjangoの管理画面へ遷移するかと思います。

しかし,デフォルトでは英語なのでなんとなく使いづらいのです。

じゃあ。どうする。日本語化しましょう。

settings.pyを修正

settings.pyの該当部分を少し修正します。

デフォルトでは以下のようになっていると思います。

LANGUAGE_CODE = 'en-us'
TIME_ZONE = 'UTC'

これを,こう修正

LANGUAGE_CODE = 'ja'
TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

これで設定完了です。
http://127.0.0.1:8000/admin へアクセスすると

しっかり日本語へ対応できました。

読んでおくべきおすすめ記事

あわせて読みたい
Djangoの管理画面のパスワードを忘れたを解決。ただそれだけ。
Djangoの管理画面のパスワードを忘れたを解決。ただそれだけ。Djangoの管理画面へログインする際にはパスワードを設定するのですが,今回は「パスワードを忘れちゃった」っていうのを解決します。アプリまるごと消す必要はないんで...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

6年間化学を専攻していたのになぜか一部上場のIT企業のエンジニアへ。
普段はWeb系のITエンジニアとしてサラリーマンをしているが、脱サラ田舎暮らしに憧れ,システム開発やブログ収益化を目指す。

コメント

コメントする

目次
目次