Djangoの管理画面を日本語化する。ただそれだけ。

今回はDjangoの管理画面を日本語化します。そうです。ただそれだけの記事

目次

Djangoの管理画面を日本語化する

Djangoのサーバーを起動し,

$ python manage.py runserver

http://127.0.0.1:8000/admin へアクセスし,ログインパスワードを入力するとDjangoの管理画面へ遷移するかと思います。

しかし,デフォルトでは英語なのでなんとなく使いづらいのです。

じゃあ。どうする。日本語化しましょう。

settings.pyを修正

settings.pyの該当部分を少し修正します。

デフォルトでは以下のようになっていると思います。

LANGUAGE_CODE = 'en-us'
TIME_ZONE = 'UTC'

これを,こう修正

LANGUAGE_CODE = 'ja'
TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

これで設定完了です。
http://127.0.0.1:8000/admin へアクセスすると

しっかり日本語へ対応できました。

Djangoについて学びたい方へ

書籍で学びたいなら

DjangoのWebアプリの設計・作成はもちろん、Webサーバー・アプリ周りの知識も幅広く扱ってくれています。データベースの知識、クラウドの知識、セキュリティの知識も同時に習得でき、初心者にはぜひおすすめの書籍

Djangoについて深く知りたいという方におすすめしています。
ややプログラミングの知識がないと理解が難しいかもしれません。
pythonが書ける方には非常にタメになるDjangoアプリ開発におすすめ書籍でした。

オンライン授業で学びたいなら

僕はオンラインスクールはUdemy をおすすめします。定番の授業からマニアックな授業まで幅広く扱っているので、学びたいことは大体あります。

今回はPython+Djangoの授業をおすすめします。Djangoの基礎から応用までこの授業で学べます。
実際にWEBアプリを作成し、公開するところまで親切に教えてくれます。

読んでおくべきおすすめ記事


ここでいきなりですが、ちゆりの

今週の買って良かった!!おすすめアイテム

夏になるから軽装で出かけれるようにとトートバックを探していたところ、
可愛くてシンプルおしゃれなトートバックを見つけちゃいました。
女子ウケも男子ウケも素晴らしいぞこれ絶対。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる