ローカルのみでgit 環境を構築し管理する

今回はローカルでのgit環境構築のお話。
githubや外部サーバーなどを使用せずにローカル環境のみでgitのファイル管理を行う方法についてです。

こんな人におすすめ

  • githubや外部サーバーなどでソースを公開したくない
  • お試しプログラム程度なのでサクッとgit管理したい
目次

ローカル環境でのgit環境構築

リモートリポジトリを作成する(ローカル環境で)

mkdir gitdir.git -①
cd gitdir.git -②
git init --bare --shared -③
  1. gitのリモートリポジトリ情報を置くためのディレクトリを作成します。
    xxx.gitという名前で作成するのが通例らしい。実際ディレクトリ名はなんでも構いません
  2. 作成したディレクトリに移動します。
  3. git環境構築するためのコマンドを打ちます。
    ローカル環境ですがリモートリポジトリとして初期化を行うコマンドを打ちます。

git管理したいソースの登録

cd work -①
git init -②
git remote add origin /path/to/gitdir.git -③
  1. gitでソース管理をしたいディレクトリに移動
  2. gitリポジトリを新規作成します。
  3. git環境構築するためのコマンドを打ちます。
    ローカル環境ですがリモートリポジトリとして初期化を行うコマンドを打ちます。
    上記でgit init --bare --sharedを行ったディレクトリを指定してください。

これで、差分見たり履歴見たり、変更を切り戻したりと、いつものgitの扱いが可能です。
(ローカルでgit管理を行うと、gitのpushという概念が要らなくなるんですね。)

以上。ローカルのみでgit 環境を構築し管理する方法でした。

こちらの記事も人気です

今回作成したローカルのgit環境からレンタルサーバーへ移行する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる