atomでC言語を書く際の#if0コメントアウト設定

普段C言語をコーディングすることが多い。
お気に入りのテキストエディターはatomなのだが、#if0, #else, #endifなどのプリプロセッサを用いた時にキレイにコメントアウトされなくて、使いにくさを感じ、仕方なく秀丸を使っていた。
秀丸はもちろん軽量で扱いやすいテキストエディタで優秀なのだが、やっぱりatomを使いたい。

時間があったのでatomで#if0, #else, #endifをコメントアウトできる方法を模索していたところ、ついに見つけた。
今回はその設定方法についての記事です。

目次

atomで#if0をコメントアウト(グレーに)

既に#if0がコメントアウトされている方にはなんの得にもならない記事だが、
僕のような設定の方にはぜひ試してほしい。

atom c言語 #if0

こんな感じで#if0の部分ですら色がついたままである。

コンパイル自体には問題はないのだが、見にくくて仕方がない。

せめてグレーにでもコメントアウト化されてほしいのだが...。

このような場合は
Atom>環境設定>コア設定>Use Tree Sitter Parsers のチェックを外すといい。

atom Use Tree Sitter Parsers設定

すると、

atom c言語 #if0

なんとしっかり#if0がコメントアウト化(グレー)になっている。

かなり見やすくなった。atomでイケるじゃん。

もちろん#if1にすれば#elseの部分がグレー化される。

#if0のコメントアウトは出来たので満足。
欲を言えば#ifdefのコメントアウト化も行いたいのだが、そこはいまいちよく分からなかった。
また時間がある時にでも調べておきます。
(visual studio codeならここらへんも対応しているので、乗り換えようか迷い中...)

ばいちゃ。


ここでいきなりですが、ちゆりの

今週の買って良かった!!おすすめアイテム

夏になるから軽装で出かけれるようにとトートバックを探していたところ、
可愛くてシンプルおしゃれなトートバックを見つけちゃいました。
女子ウケも男子ウケも素晴らしいぞこれ絶対。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる