ジェントスのランタン「EX-1300D」はかなり明るいからキャンプにおすすめって話

今回はジェントスLEDランタン「EX-1300D」のレビューですよ。

キャンプのメインランタンとして使えるLEDランタンを探していたところ、このランタンにたどり着いた。
なんと1300ルーメンの明るさを出せるという。
LEDランタンで1000ルーメン以上出せるというのはなかなか珍しい。
さっそく購入してみました。

ジェントスLEDランタン「EX-1300」-1
ジェントスLEDランタン「EX-1300」-2
目次

ジェントスのLEDランタン「EX-1300D」

LEDランタンの中でも1300ルーメンを出せるこのランタンはトップレベルの明るさ。
amazonでいろいろ探したけど、これより明るいLEDランタンはほとんど見つからなかった。
価格も1万円以内なのでコスパにも優れている。これは買いだった。

キャンプでランタンは必須ですが、ランタンにも明るさは様々。
ガスランタンを使えば余裕で1000-3000ルーメンを出せるのですが、ガスランタンはガスや火を扱うので、少し抵抗があります…。でも明るいからなぁ。どっちを取るか。

そんな中。ジェントスのLEDランタン「EX-1300D」は1000ルーメンを出せます。
いや。さらに超えてMAX1300ルーメンの実力を持っている。感動的。しかも、LEDランタンですからねぇ!!
一般にキャンプでのメインランタンは1000ルーメン以上は欲しいところ。1300出せればメインランタン採用です。

「EX-1300D」の実力

ジェントスLEDランタン「EX-1300」開封

サイズ:約直径129×246mm
箱を開けて取り出すと意外とコンパクトな印象。

電池:単1電池×4本
なかなか電力を要するが、1300ルーメンも出せるんだから仕方ない。

点灯モード:4パターン
白色モード、昼白色モード、暖色モード、キャンドルモードの4パターンがある。

点灯時間:約7時間〜350時間(モードによって変動あり)
1番パワーを使うモード、つまり常時1300ルーメンを出す状態では約7時間の点灯時間となる。ちょうど僕の睡眠時間と同じだ。少ないととるか多いととるか…。
まぁキャンプの夜に7時間持てば十分ですよ。
モードによる点灯時間は以下を参考に

ハンガーフックが付属品として付いています。

点灯モードによる点灯時間

点灯モードによって、または光量の調整によって点灯時間は大きく変わります。
点灯モードは白色モード、昼白色モード、暖色モード、キャンドルモード
光量はつまみを回して調整します。

白色モード

光量(強) 約7時間
光量(弱) 約260時間

昼白色モード

光量(強) 約16時間
光量(弱) 約350時間

暖色モード

光量(強) 約16時間
光量(弱) 約350時間

(キャンドルモードは約300時間)

その他性能

  • 防滴(防水) IPX4準拠(生活防水)
  • バッテリー残量が分かるバッテリーインジゲーター付き
  • 本体を吊るせるハンガーフック付き

使用感は?実際どうなの?レビュー

ジェントスLEDランタン「EX-1300」使用

点灯させるには、ダイヤルスイッチ押下で電源をONにするだけ。

3秒以内にもう一度ダイヤルスイッチを押すとモードを切り替えることができる。(白色モード→昼白色モード→暖色モード→キャンドルモード)
光量の調整はダイヤルスイッチを右へ左へ回すだけ。

以上。すごく簡単。まぁLEDランタンはこんなもんよ。ガスランタンほど苦労しない…。

フックの形状が気に入っています。割とどこでも引っ掛けやすい。
単1電池×4本も入れるとまぁまぁの重さはあるよね。(電池を含めると約1.2kg)

点灯モード

点灯モードによって明かりの色や光量が様々。用途に合わせてモードを変更させます。

白色モード

「EX-1300D」白色モード

昼白色モード

「EX-1300D」昼白色モード

暖色モード

「EX-1300D」暖色モード

キャンドルモードは暖色モードの光量がランダムに切り替わりゆらゆら光が揺れるという仕様です。
結構おしゃれな光り方をするんです。ほんとキャンドルの灯りみたい。

レビュー

1300ルーメンの明るさを見てほしい!!
…といっても写真じゃ伝わりませんね。ですが、かなり明るいです。
直視していると視力を一時失いました。緑のランプが黄色に見えだしました。それほど明るい。(あまり直視はしないように…)

キャンプで実際に使ってみました!!
バッテリーは十分でした。1日に白色モード3時間(光量強)、暖色モード4時間(光量中)で使用しましたが、バッテリーが切れることはなかったです。
白色モードにすると虫が寄って来ます。引くくらい寄ってきました。時期にもよりますが…。
白色モードで扱うときは食べ物に近いテーブルで使うよりもランタンスタンドなどに吊り下げて少し遠目でキャンプ全体を照らすような使い方をおすすめします。
暖色モードにすれば虫は寄ってきませんでしたよ。

長時間使っても熱くならない
こういうランタンって長時間使うと熱くなるんじゃない?って思ってた。
ところがどっこい、熱くない。
ガスランタンとか普通触れないよ。それくらい熱くなるのに…。

ランタン上部のシールは剥がさないでいいかも!?
ランタン上部に剥がしてくださいの透明なシールがあるのだが、これ剥がしたら結構ベタベタしました。
なんとかこすってベタツキ感を取りましたが、シールは剥がさくても良かったな…と思った。
透明シールだし、特に目立たないのでそのままでも良かったな..。

ランタンスタンドと抜群に合う
ランタンスタンドに吊り下げてみました。
良い!!ランタンフックの形状がランタンスタンドに抜群に合います。

このランタンスタンドもおすすめなので、こちらの記事も読んでみてください。

※使用ランタンスタンド:コールマン ランタンスタンド4

ランタンスタンド+ランタン

ほんと明るいです。とにかく明るいです。とにかく明るいLEDランタンEX-1300Dです。
安心してください。明るいですよ。

他にも気になるランタン

USBで充電できるタイプとか気になる。
ランタンを電源としてスマートフォンを充電できるタイプのランタンもあった。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

6年間化学を専攻していたのになぜか一部上場のIT企業のエンジニアへ。
普段はWeb系のITエンジニアとしてサラリーマンをしているが、脱サラ田舎暮らしに憧れ,システム開発やブログ収益化を目指す。

コメント

コメントする

目次
閉じる