Windows TerminalでWSL(ubuntu)を動かすまでのメモ

最近WindowsPCを買い替えたので環境構築を行っています、ちゆりです。
Windowsを使用する際はWSLを導入するとかなり開発が捗りますよね。
普段はMacのターミナルを使用する機会が多いため、僕にとって開発におけるターミナル操作は必須です

さて、今回はWindow Terminal環境を整えているときに躓いたポイントのお話

ちなみにWindows11です

目次

ubuntu 22.04をインストール

ubuntuはMicrosoft Storeから入手してきました。
https://www.microsoft.com/store/productId/9PN20MSR04DW

Ubuntu 22.04 LTS

Ubuntu 22.04 LTSをインストールします。

WindowsTerminalが入っていいない人はしっかり忘れずにWindowsTerminalもインストールしておきましょう。(Windows11にはすでに入っていた)

wslregisterdistribution failed with error: 0x8007019e

さっそくWindowsTerminalからUbuntuを選択するとUbnutunoセットアップが開始されました。

しばらくして、wslregisterdistribution failed with error: 0x8007019eのエラーが出ました。

Windows Subsystem for Linuxが有効になっていないということだそう。

では、有効にしていく
「コントロールパネル」>「プログラム」>「プログラムと機能」>「Windowsの機能の有効化または無効化」

Windowsの機能の有効化または無効化

Linux用 Windows サブシステム(Windows Subsystem for Linux)を有効にする

Windows Subsystem for Linuxの有効

これで解決するはず、気を取り直して再度Ubuntuのセットアップをやり直す

wslregisterdistribution failed with error: 0x800701bc

またもや、エラーが..。
次のエラーはwslregisterdistribution failed with error: 0x800701bc

Linuxカーネル更新プログラムパッケージが足りていないらしい

https://aka.ms/wsl2kernelへアクセスして、Linuxカーネル更新プログラムパッケージをインストールしてあげれば解決する。

気を取り直して再度Ubuntuのセットアップをやり直す(2回目...)

wslregisterdistribution failed with error: 0x80370102

はい、次のエラーはこちらwslregisterdistribution failed with error: 0x80370102

仮想化の設定が足りていないようだ

では、有効にしていく
「コントロールパネル」>「プログラム」>「プログラムと機能」>「Windowsの機能の有効化または無効化」

Windowsの機能の有効化または無効化

仮想マシンプラットフォームを有効にする

仮想マシンプラットフォームの有効化

これでもダメな場合はPowershellでwsl --installを行うとうまくいく場合もある

さぁ、次のエラーは何が来るのか..。再びUbuntuのセットアップをやり直す

あっ、インストールできた!!
これでうまくWindowsTerminal環境でUbuntuを扱えるようにセットアップができました。

なんとか買い替えたWindows11のPCでWindowsTerminal環境を構築できました。
同じエラーで躓いている人に参考になればと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる